法律相談にかかる費用は手続きで大きく違う

法律相談にかかる費用は手続きで大きく違います。



法律事務所が行う手続きには、単純な事務処理の手続きと裁判所に必要な手続きの二つが存在します。



費用を考えるときには、この二つを分けて計算しなくてはいけません。



基本的に、相談料金だけに関して言えば時間で設定されているためそれほど高くはなりません。

内容を簡潔に言ってアドバイスを貰えれば数千円で話を終了させることが出来ます。



しかし、ここに事務手続きの費用が加わるとそのための費用が必要になるため必要な経費を支払わなくてはいけません。

例えば、よく利用される債務整理などでは任意整理を利用する場合で一社あたり2万円から3万円の手続き費用がかかります。そのため、相談内容によって費用が変わることを知っておきましょう。
そして、法律相談の延長で裁判をすることに決まったときには裁判にかかる成功報酬をしっかりと計算しなくてはいけません。



裁判にかかる費用は、裁判に勝つか負けるかで費用が大きく違ってきます。



裁判に勝った場合には成功報酬として担当弁護士に大きな費用を支払わなくてはいけませんし、負けた場合にはそのための報酬を支払わなくても済みます。
この報酬は、基本的に裁判で勝ち取った慰謝料の中からパーセンテージで渡すことになるため、事前にどれくらいの割合で報酬を渡すのかを確認しておきましょう。
このように、法律相談の費用は手続きやそれに伴う裁判で費用が違ってくることを念頭に置いて考えましょう。

関連リンク

モンスターに遭遇した際は速やかに法律事務所に相談


日本は世界的に見ても、とても平和で過ごしやすい国です。人々のモラルが高く、市民のマナーも良いです。...

弁護士に法律相談すれば様々な債務整理ができます


貸金業者から融資を受けた結果として、毎月の返済金額を支払うことができない状態に陥ったときには、弁護士の法律相談を受けて介入してもらうことで解決策を図ることができます。弁護士に介入してもらって問題解決を図れる手段としては、自己破産や任意整理、民事再生など様々な債務整理の方法があります。...